2019年05月10日

2019年度 情報発信局 紹介

こんにちは。2019年度情報発信局長になりました、国際人間科学部2回生の角口純平です。
他の局や参加団体とは違い、情報発信局の活動は、何らかの社会問題について直接考えたり、どこかの現場に出ていくようなものではありません。むしろ、他で行われている活動のことを発信していくのが仕事です。

1.ブログ
いまご覧になっている、このブログを運営しています!
講演会や派遣といった大きな出来事があったときは、このブログで参加者からの報告をするようにしています。これからもどんどん更新していきますが、過去の記事を見てもらえれば、今まで救援隊がどんなことをしてきたのかをわかっていただけると思います。参加団体それぞれのホームページやブログへのリンクを貼ってあるので、そちらもぜひ見に行ってみてください!

2.Twitter & Facebook
救援隊のツイッターアカウントと、Facebookページを運営しています!この2つは、講演会などのお知らせや、活動の簡単な報告、ブログ更新のお知らせに使っています。Twitterでは新歓イベントもどんどんお知らせしています!

3.きゅうえんたい通信
OB・OGを中心とした購読者の方々に向けて、半年に1回のペースで機関紙を発行しています!1.、2.では救援隊本隊の活動を中心にお伝えしていますが、ここでは参加団体のものも含め、様々な活動の参加者からの声をひとまとめにしています。紙として残るので、資料や思い出の1つにもなるというのがポイントですね!
posted by 神戸大学学生震災救援隊 at 21:09| Comment(0) | 救援隊 | 更新情報をチェックする

2019年度 災害復興企画局(さーど)紹介

こんにちは。2019年度災害復興企画局(さーど)の局長を務めさせていただきます、前田(国人・2)です!

さーどとは、災害やそこからの復興、防災・減災について考え学んでいく場です。
さーどの活動は、阪神・淡路大震災をきっかけとして生まれた学生震災救援隊において、各団体の活動の源流を知り、活動の意義や活動で関わる人について考え、活動をより深めていくきっかけになります。

特に今年は、昨年さまざまな地域で災害が相次いだことも踏まえ、災害からの復興に注目していきたいと思っています。
具体的には、以下のような活動内容を行っていきます。
① 学習会・講演会
② 災害派遣の報告会
③ フィールドワーク(長田区の町歩き、学習体験施設の訪問など…)
④ 災害シミュレーションゲームの体験

活動内容は参加者の意見も参考にしていきます!
「こんなことがしてみたい!」という意見のある方や興味のある方、ぜひ気軽にご参加ください‼ さーどで災害について一緒に学んでいきましょう!
posted by 神戸大学学生震災救援隊 at 21:06| Comment(0) | 災害復興企画局(さーど) | 更新情報をチェックする

2019年度 学習企画局(ファースト)紹介

こんにちは、学習企画局 (通称ファースト) 局長の黒野(法・2)です!

ファーストが何をやっているのかというと、読書会やフィールドワーク、講演会などなどを通して社会や環境、文化や言語など、あらゆる分野を学ぶ機会を作っています!

特におすすめなのは読書会です!周りの人がどんなことに興味を持っているのか、どんな意見・考えを持っているのか・・・。そして何より、自分では気付かなかった新しい分野のことを知る、実際に学んでみるいいきっかけになりますよ。

こうして書くと敷居が高い、難しそうな活動に思われがちですが全くそんなことはありません!是非是非お越しください!!
posted by 神戸大学学生震災救援隊 at 21:04| Comment(0) | 学習企画局(ファースト) | 更新情報をチェックする