2019年05月10日

2019年度 代表あいさつ

こんにちは。2019年度神戸大学学生震災救援隊(救援隊)の代表を務めさせていただきます近藤功貴(理・3)です。1年間よろしくお願いします。

私たち救援隊は1995年に起こった阪神・淡路大震災を契機に発足した団体です。現在、救援隊は3つの部局(学習企画局、災害復興企画局、情報発信局)と4つの参加団体(神大モダン・ドンチキ、灘地域活動センター、灘チャレンジ実行委員会、ひまわりチーム)で構成されています。

実際の活動内容についてですが、各団体や部局についてはリーダーのみなさんがわかりやすい記事を書いているのでそちらを読んでください。ここではそれ以外の活動を紹介します。
①全体会議
 月1回救援隊員が集まって行う会議です。この会議で各部局、各参加団体の人が集まるので救援隊の活動のすべてを知ることができます。

②派遣活動
 救援隊は被災地に定期的に派遣活動を行っています。宮城県山元町に年2回程度行っているほか、昨年は7月豪雨や大阪北部地震の際にも活動を行いました。みなさんは被災地に行ったことはあるでしょうか?普段の活動とは違う新たな発見がありますよ。

③1.17をのんびり過ごす会
 1.17とは阪神・淡路大震災が起こった日です。救援隊ではこの日をあえてのんびり過ごそうということで毎年行っています。学生やOBOGさん、救援隊に関わりのある地域の方が集まり鍋を囲みながら話をして過ごします。

他にも救援隊の活動はいろいろあります!少しでも興味のある方はぜひ参加してみてくださいね。
posted by 神戸大学学生震災救援隊 at 21:30| Comment(0) | 救援隊 | 更新情報をチェックする

2019年度 灘チャレンジ紹介

こんにちは、岩谷(理・3)です。今年度の灘チャレンジの委員長をつとめさせていただきます。よろしくお願いします。
さて、灘チャレンジの活動について説明させていただきます。

・灘チャレンジとは?
阪神淡路大震災の復興祭として始まり、今年で25回目を迎える地域のお祭りです。今年は6月30日日曜日に都賀川公園で開催します!

・何をしているの?
地域で活動している団体に模擬店を出してもらったり、ステージに出演してもらったり。展示や企画を行って想いを発信したり。たくさんの人が集まるお祭りの場で、様々な出会いがあります!

・活動頻度は?
基本的には週に1回の学生のみでのミーティングと、月に1回の地域の方を交えたミーティングです。お祭りのない秋から冬にかけては、他のお祭りに出店したり、地域のお祭りのお手伝いをしたりしています。


もう一度繰り返しますが、今年は6月30日の日曜日。ぜひ足を運んでください!
posted by 神戸大学学生震災救援隊 at 21:24| Comment(0) | 救援隊 | 更新情報をチェックする

2019年度 灘地域活動センター(N.A.C.、なっく)紹介

こんにちは。灘地域活動センター2019年度全体リーダーになりました、神戸大学経済学部3回生の石﨑貴江です。よろしくお願いします。
灘地域活動センター(N.A.C.)は、1995年の阪神淡路大震災の復興住宅である県営岩屋北町住宅とHAT神戸灘の浜の集会所で週1回お茶会を開き、住民さんや地域の方が集える場所を作っています。私たち学生の活動としては、①これらお茶会の運営、②お茶会に来られていない住民さんへの戸別訪問活動を通した交流、この2つを大きな柱とするとともに、阪神淡路大震災のことや復興住宅のことなど、様々な学習会を通して、自分たちも積極的に知っていこうと活動しています。日々楽しく、和気あいあいと活動しています、ぜひお気軽にご連絡・ご参加ください!

 以下は各現場リーダーからの一言です!
・HAT現場リーダーより
こんにちは。2019年度HAT現場リーダーを務めさせて頂きます、神戸大学国際人間科学部2回生の前田彩希です。よろしくお願いします。HAT神戸灘の浜の集会所で開催している「神大喫茶」には、毎週40〜50名ほどの住民さんが参加して下さいます。お茶会にいらっしゃる住民さんは個性豊かで、色々なお話を聞くことができます。そのため、毎週お茶会に参加していても、飽きるどころか日々新たな発見があり面白いです。学生も含め、参加者全員に居心地の良い空間と感じてもらえるようなお茶会を目指して活動していきたいと思います。

・いわや現場リーダーより
こんにちは。2019年度いわやリーダーになりました、神戸大学工学部2回生の山本拓実です。よろしくお願いします。
いわやは県営岩屋北町住宅の集会所にてお茶会を開いています。住民さんはもちろんのこと、地域の方もお茶会に来てくださり、参加者さん同士の、そして参加者さんと学生との交流が盛んに行われています。色んな方がいて、活動を重ねるごとにそれぞれの方の個性が見えてくるのは楽しくて魅力的です。参加者の方も学生も楽しめるような活動にしていきたいと思っています。いつでも、どなたでも、ぜひ一度いらっしゃってください。
※N.A.C.には公式ブログがあります!興味のある方はこちらからどうぞ!
 また、公式ツイッターアカウントはこちらから!
posted by 神戸大学学生震災救援隊 at 21:20| Comment(0) | 救援隊 | 更新情報をチェックする