2018年03月21日

2018年度 代表あいさつ

こんにちは。2018年度神戸大学学生震災救援隊(救援隊)の代表を務めさせていただきます若林宏樹(経済・3)です。1年間よろしくお願いします。

私たち救援隊は1995年に起こった阪神・淡路大震災を契機に発足した団体です。現在、救援隊は4つの部局(学習企画局、災害復興企画局、野宿貧困企画局、情報発信局)と4つの参加団体(神大モダン・ドンチキ、灘地域活動センター、灘チャレンジ実行委員会、ひまわりチーム)で構成されています。おもな活動はその2つですが、被災地への災害派遣活動も行っており、宮城県山元町と熊本にそれぞれ年2回程度行っています。

今年度の救援隊は「社会について考える」をテーマに活動していきます。救援隊や参加団体は阪神・淡路大震災後のさまざまな課題、問題から生まれた活動であり、さまざまな社会の人々に関わって今もなお活動しています。今年度は救援隊全体で改めて身近な活動から社会全体について考えていくことによって自分たちの活動をよく知ってもらい、活動について考え、そして活動をよりよいものにしてもらいたいです。また、隊員自身もどのように活動に参加していけばいいのか考えてもらいたいと思っています。

活動内容についてですが、部局については各部局の局長のみなさんがわかりやすい記事を書いているのでそちらを読んでください。ここではそれ以外の活動を紹介します。
①全体会議
 月1回救援隊員が集まって行う会議です。この会議で各部局、各参加団体の人が集まるので救援隊の活動のすべてを知ることができます。

②派遣活動
 救援隊は被災地に定期的に派遣活動を行っています。みなさんは被災地に行ったことはあるでしょうか?普段の活動とは違う新たな発見がありますよ。

③1.17をのんびり過ごす会
 1.17とは阪神・淡路大震災が起こった日です。救援隊ではこの日をあえてのんびり過ごそうということで毎年行っています。学生やOBOGさん、救援隊に関わりのある地域の方が集まり鍋を囲みながら話をして過ごします。


他にも救援隊の活動はいろいろあります!少しでも興味のある方はぜひ参加してみてくださいね。
神戸大学学生震災救援隊代表 若林宏樹

posted by 神戸大学学生震災救援隊 at 17:59| Comment(0) | 救援隊 | 更新情報をチェックする

2018年03月19日

2018年度 神大モダン・ドンチキ紹介

こんにちは、ブログの方では初めまして、神大モダン・ドンチキ2018年度座長のあげさげくらげ(石田芽依/発・3)と申します。今日は、神大モダンドンチキの活動について紹介したいと思います。

<活動内容>
神大モダン・ドンチキは、ちんどんを手段として目の前の人を楽しませることを目的として活動しています。具体的には、「ちんどん屋さん」に扮してまちに繰り出し、お祭りを賑やかしたり、施設に行って演奏したりしています。
※「ちんどん屋」とは※
 ちんどん屋とは、街中での楽器の演奏や奇抜な衣装や仮装で人目をひき、口上で宣伝をする職業です。古くは江戸時代末期に端を発し、昭和中ごろには多くのちんどん屋さんが活躍していました。つまり、ご年配の方にとっては昔懐かしい存在なんですよ。

<起源 ~なぜ学生震災救援隊に含まれているの?~ >
阪神淡路大震災のときに地域の方々を元気づけようと、仮装をして楽器を演奏をしていた活動がドンチキの前身となるものでした。2000年からはより本格的に活動すべく、ひとつの団体として正式に発足しました。
こうした経緯から、本隊活動や他の参加団体の活動とはかなり大きく異なった活動内容ではありますが、学生震災救援隊の一参加団体として存在しているのです!

<現在>
現在はメンバーは25名ほどで、主に神戸市を中心に活動しています。賑やかに、楽しく、華やかに励んでおります。
そんなドンチキのブログはこちらです! ぜひご覧ください!
また、公式ツイッターはこちらから!
posted by 神戸大学学生震災救援隊 at 20:51| Comment(1) | 神大モダン・ドンチキ | 更新情報をチェックする

2018年03月18日

2018年度 情報発信局 紹介

こんにちは。2018年度情報発信局長になりました、工学部情報知能工学科2回生の冨士原健斗です。
他の局や参加団体とは違い、情報発信局の活動は、何らかの社会問題について直接考えたり、どこかの現場に出ていくようなものではありません。むしろ、他で行われている活動のことを発信していくのが仕事です。

私たちの活動の多くは、外からは見えにくいものだと思っています。仲間を増やすためには、新入生をはじめとした学生のみなさんに自分たちの存在を知ってもらうことが大切です。また、興味・関心を持ってもらったり、信頼を得たりするためには、団体としてどんなことをしているのか、きちんと外部から見えるようにしておくことも大切です。
そのために、私たちは学生震災救援隊の活動を様々な方法で発信しています!

1.ブログ
いまご覧になっている、このブログを運営しています!
講演会や派遣といった大きな出来事があったときは、このブログで参加者からの報告をするようにしています。これからもどんどん更新していきますが、過去の記事を見てもらえれば、今まで救援隊がどんなことをしてきたのかをわかっていただけると思います。参加団体それぞれのホームページやブログへのリンクを貼ってあるので、そちらもぜひ見に行ってみてください!

2.Twitter & Facebook
救援隊のツイッターアカウントと、Facebookページを運営しています!この2つは、講演会などのお知らせや、活動の簡単な報告、ブログ更新のお知らせに使っています。3月現在、Twitterでは新歓イベントもどんどんお知らせしていく予定です!

3.きゅうえんたい通信
OB・OGを中心とした購読者の方々に向けて、半年に1回のペースで機関紙を発行しています!1.、2.では救援隊本隊の活動を中心にお伝えしていますが、ここでは参加団体のものも含め、様々な活動の参加者からの声をひとまとめにしています。紙として残るので、資料や思い出の1つにもなるというのがポイントですね!
posted by 神戸大学学生震災救援隊 at 16:25| Comment(0) | 情報発信局 | 更新情報をチェックする