2019年度 神大モダン・ドンチキ紹介

こんにちは、ブログの方では初めまして、神大モダン・ドンチキ2019年度座長の河深江院・T・カイメイ(内藤健一/経営・3)と申します。今日は、神大モダンドンチキの活動について紹介したいと思います。 <活動内容>神大モダン・ドンチキは、ちんどんを手段として目の前の人を楽しませることを目的として活動しています。具体的には、「ちんどん屋さん」に扮してまちに繰り出し、お祭りを賑やかしたり、施…

続きを読む

2019年度 情報発信局 紹介

こんにちは。2019年度情報発信局長になりました、国際人間科学部2回生の角口純平です。他の局や参加団体とは違い、情報発信局の活動は、何らかの社会問題について直接考えたり、どこかの現場に出ていくようなものではありません。むしろ、他で行われている活動のことを発信していくのが仕事です。 1.ブログいまご覧になっている、このブログを運営しています!講演会や派遣といった大きな出来事があったときは、このブ…

続きを読む

2019年度 災害復興企画局(さーど)紹介

こんにちは。2019年度災害復興企画局(さーど)の局長を務めさせていただきます、前田(国人・2)です! さーどとは、災害やそこからの復興、防災・減災について考え学んでいく場です。 さーどの活動は、阪神・淡路大震災をきっかけとして生まれた学生震災救援隊において、各団体の活動の源流を知り、活動の意義や活動で関わる人について考え、活動をより深めていくきっかけになります。特に今年は、昨年さまざまな地域…

続きを読む

2019年度 学習企画局(ファースト)紹介

こんにちは、学習企画局 (通称ファースト) 局長の黒野(法・2)です! ファーストが何をやっているのかというと、読書会やフィールドワーク、講演会などなどを通して社会や環境、文化や言語など、あらゆる分野を学ぶ機会を作っています! 特におすすめなのは読書会です!周りの人がどんなことに興味を持っているのか、どんな意見・考えを持っているのか・・・。そして何より、自分では気付かなかった新しい分野のこと…

続きを読む

2019年春 山元町派遣4日目報告

こんにちは。前田(国人・1)です。山元町派遣4日目の報告をさせていただきます。この日は、東北大学災害科学国際研究所を訪れ、宮城資料ネットワークの文化財レスキューの活動に参加させていただきました。 行った内容としては、県内の民家の襖の紙を一枚一枚はがす作業、写真や帳簿等の古い資料のゴミを払うクリーニング作業を行いました。私達が扱った襖の紙には、明治時代頃の医療記録や漁の記録が記されており、貼って…

続きを読む

2019年春 山元町派遣3日目報告

こんにちは、山本(新工・2)です。山元町派遣三日目の報告をさせていただきます。三日目は桜塚住宅の方でお茶会と足湯を行いました。前から山元町派遣では行なっている活動で僕は初めて参加させていただきました。また、東北大の人が一人、東北学院大学の人が三人来てくれました。お茶会には15人の住民さんが参加してくれました。まず、率直に普段は会うことができない方と話せたのはとても楽しかったです。東北弁で何を言っ…

続きを読む

2019年春 山元町派遣2日目報告

こんにちは、冨士原(新工3)です。山元町派遣二日目の報告をさせていただきます。 午前中は二台の車で分かれ、片方は山元町の防災拠点「ひだまりホール」の見学、もう片方は普門寺で行われている「てらカフェ」に行きました。私はてらカフェの方に行ったので、そちらのほうから。お堂に入ると飲み物とお茶菓子一品の無料提供やライブ、物品販売が行われていて、お客さんとスタッフでいっぱいになっていました。正直そこがお…

続きを読む

2019年春 山元町派遣1日目報告

宮城県山元町の派遣に参加した鈴木(国人1)です。一日目の報告をしたいと思います。今日の活動の流れをおおまかに説明すると、東北大のスクラムというサークル団体と、東日本大震災の被災者である阿部さんと合流し、被災地を案内して頂きました。その後、復興まちづくり交流館で、阿部さんから被災者ならではのお話しをして頂きました。阿部さんは、被災後、被災地の復興に尽力され、現在は、東北大課外・ボランティア活動支援…

続きを読む

1.17をのんびり過ごす会

 こんにちは、松尾(海事・1)です。2019年1月17日、神戸が震災に襲われてから24年経ったこの日、今年も学生震災救援隊は「1・17をのんびり過ごす会」を開きました。現役救援隊員はもちろん、OB・OGの先輩や震災当時をよく知る方々20人を越える方が会に参加し、鍋を突きながら各々の想いを語り合いました。その後夜も明けようかという5時46分、近くの公園にて震災で亡くなられた方々への黙祷を捧げました…

続きを読む

連続講演会第一回感想

先日12月11日、学習企画局が行う連続講演会の、第一回が行われました。今回は「えんぴつの家」の山田武志さんをお招きし、障害者と健常者が共に生きることなどをテーマにお話していただきました。その感想をご覧ください。 こんにちは、佐藤(工1)です。今回の講演会を聞いて僕が一番心に残っていることは「バリアフリーによって障害者と健常者とのつながりが薄れている」と言うことです。まずバリアフリーは誰のため?…

続きを読む