2017年05月01日

ひまわりチーム紹介

私達、ひまわりチームは毎週土曜10時から12時まで神戸市長田区の長田公民館で行われている識字教室「ひまわりの会」に参加しています。そこで学習者さんと一緒に文字や身近な話題について学んでいます。ひまわりの会では、一方的に教えるのでなく、学習者さんから教えてもらうこともあるなど、「共に学ぶ」ことに重点をおいています。様々な方とお話し出来てとても楽しいので、ぜひ参加して下さい!

(2017年度ひまわりチームリーダー 清水祐史)
posted by 神戸大学学生震災救援隊 at 22:26| Comment(0) | ひまわりチーム | 更新情報をチェックする

野宿貧困企画局(のじこん)紹介

野宿貧困企画局、略してのじこんです。
のじこんは主に以下の3つのことを目的として活動しています。
①大学生とホームレスの交流により、偏見と差別をなくしていく。
②ホームレスが生まれる日本の社会について考え、問題点を見つけていく。
③学生同士の交流から、貧困問題についての考えを深め、自分たちの人生を模索する。
具体的には、ホームレスの支援団体主催の夜回りに参加させていただいたり、学内でホームレスに関する問題の学習会、ワークショップなどを行っています。
一見震災と関係ないように見える活動ですが、阪神淡路大震災という緊急事態の中でまちに住むホームレスの人々の存在が再認識された過去もあり、社会の中に潜む生きづらさを埋もれさせないことを目的に活動してきた救援隊にとっては大事な活動のひとつです。
のじこんをよろしくお願いいたします♪(2017年度局長 古田真紀子)
posted by 神戸大学学生震災救援隊 at 22:25| Comment(0) | のじこん | 更新情報をチェックする

灘チャレンジ紹介

こんにちは。筒井(発達・2回)です。今年度の灘チャレンジの委員長をつとめさせていただきます。よろしくお願いします。
さて今日は、灘チャレンジの活動について説明させていただきます。

・灘チャレンジとは?
阪神淡路大震災の復興祭として始まり、今年で23回目を迎える地域のお祭りです。今年は7月2日日曜日に都賀川公園で開催します!

・何をしているの?
地域で活動している団体に模擬店を出してもらったり、ステージに出演してもらったり。展示を行ったり寸劇を行ったりして想いを発信したり。たくさんの人が集まるお祭りの場で、様々な出会いがあります!

・活動頻度は?
基本的には週に1回の学生のみでのミーティングと、月に1回の地域の方を交えたミーティングです。お祭りのない秋から冬にかけては、他のお祭りに出店したり、地域のお祭りのお手伝いをしたりしています。

もう一度繰り返しますが、今年は7月2日の日曜日。ぜひ足を運んでください!

(灘チャレンジ2017委員長 筒井 佑気)
posted by 神戸大学学生震災救援隊 at 22:19| Comment(0) | 灘チャレンジ | 更新情報をチェックする