2018年03月25日

2018年度 ひまわりチーム紹介

こんにちは、2018年度ひまわりチームのリーダーになった冨士原健斗(工学部新二回生)です。この記事では、ひまわりチームの活動の紹介をさせていただきます。

突然ですが、日本の「識字率」はいくらかご存知ですか。日本では、読み書きがふつうにできる人の割合は99.9%といわれています。義務教育で日本語の勉強をしますから、日本では読み書きができるのは当たり前と言えるかもしれません。ですが実際には、戦争のために学校に行けなかった、在日外国人として日本で学ぶ機会がないまま生活しているといったように、日本にも様々な理由から文字の読み書きが不自由な方が暮らしています。

神戸市長田区の公民館には、そういった方々に読み書きを教える『ひまわりの会』という団体があります。私たちひまわりチームはこの「識字教室」に参加し、毎週土曜日の朝10時から12時まで、学生として社会人スタッフの活動をお手伝いしています。
普段の活動では、身近な話題や時期に合ったテーマをとりあげ、学生やスタッフが持ち回りで授業をしています。ひまわりの会は20年も続く団体ですが、一方的に知識を押し付けるのではなく、参加者のみなさんと一緒に勉強することが長らく大切にされてきました。支援をする僕たちを含め、この会にはいろんな背景や興味をもつ人たちが集まっています。だからこそ、たくさんの知らなかったことに気づき、新鮮な気持ちで一緒に学べます。僕自身、それが活動の大きな魅力になっています。

今年の目標は、活動をもっと楽しく、永く続けられるような土台作りをすることです。
チーム自体ができたのは2008年のこと。すでに、チームは会とともに長い時間を歩んできました。そんな中、社会人スタッフの方々はだんだんお年を召されてきています。今後はますます、学生の担う役割が大きくなっていくかもしれません。それはやりがいを感じられることでもありますが、大変なことでもあります。活動を続けるために大切なことを、気負わず楽しくやれるようにすること。難しいかもしれませんが、しっかり意識していきたいです。

ちなみに、今年の取り組みの1つとして、ひまわりチームのブログと、更新告知用のTwitterアカウントを立ち上げています。まだまだお見せできるものは少ないですが、日々の活動のことをこまめに報告していければと思います。見ていただけるとうれしいです!
Twitterはこちら、ブログはこちらです!
posted by 神戸大学学生震災救援隊 at 16:30| Comment(0) | ひまわりチーム | 更新情報をチェックする

2017年05月01日

ひまわりチーム紹介

私達、ひまわりチームは毎週土曜10時から12時まで神戸市長田区の長田公民館で行われている識字教室「ひまわりの会」に参加しています。そこで学習者さんと一緒に文字や身近な話題について学んでいます。ひまわりの会では、一方的に教えるのでなく、学習者さんから教えてもらうこともあるなど、「共に学ぶ」ことに重点をおいています。様々な方とお話し出来てとても楽しいので、ぜひ参加して下さい!

(2017年度ひまわりチームリーダー 清水祐史)
posted by 神戸大学学生震災救援隊 at 22:26| Comment(0) | ひまわりチーム | 更新情報をチェックする

2015年08月14日

ひまわりチームより七夕の報告

こんにちは、ひまわりリーダーの畑野(文・2)です。7月4日はひまわりの七夕でした。1回生も5人参加してくれました。初めてきてくれて緊張していたでしょうが、みんな学習者さんと一緒に楽しくお願い事を書いてくれていました。今年も音は出せないというお約束だったので今回はドンチキさんはお願いしていなかったのですが、例年通り七夕さまの歌を歌ったり、飾りをつけたりしていました。久しぶりにいらっしゃった学習者さんも来てくださってよかったです。

今年の独特なところといえば、3つでしょうか。1つはスタッフの井上さんのお友達の沖縄のカヌーをやっておられる方が平和についてのお話をビデオを通してしてくださったことです。貴重なお話でした。2つめは七夕の笹の葉を公民館で飾っていただけたことです。3つめは毎日新聞の記者さんに取材していただけたことです。1回生の田中くんがインタビューを受けてくれましたよ。

今回をきっかけに 学習者さんとより仲良くなったり、1回生がひまわりの雰囲気をちょっとでもいいなと思ってくれたりしてくれていたらとてもうれしいです。協力してくれた方々ありがとうございました!これからもひまわりチーム頑張っていきましょう!




◎新入生の七夕の感想

荒木千尋(国1)です。

私は今回先輩に「七夕のイベントやるから来ない?」と誘われて、はじめてひまわりの活動に参加しました。識字教室のイメージがあまりわかなかったので、ちゃんと活動に参加できるか少し不安がありました。いざ七夕イベント。男女数人の学習者さんが来てくださっていました。私は女性の方の隣りに座って、一緒に短冊にお願い事を書きました。最初は何をお話ししようかと、私も少し緊張気味だったのですが、お互いの出身や興味のあることなどを話すうちに、すぐに打ち解けて楽しんでおしゃべりすることができました。

私は七夕に、短冊にお願い事を書いて笹に飾るのは小学生以来だったので、懐かしくもありワクワクした気分になりました。飾りつけられた笹はとても華やかで、集まった皆んなの願い事のつまった世界に一つだけのステキなものになりました。

私自身、今回の活動に参加し、学習者さんに漢字を教えたりする事を通して、漢字の意味や成り立ちについて、普段考えなかった事を立ち止まって考えたり、七夕ソングの歌詞の意味を皆んなで考えてみたりと、いい意味でゆっくりとした豊かな時間が流れているように感じました。最近はお隣さんの事もよく知らないような、ちょっと寂しい世の中ですが、このような場をきっかけに若者とご高齢の方々が意見を交換し合える場であればいいと思います。
posted by 神戸大学学生震災救援隊 at 20:36| Comment(0) | ひまわりチーム | 更新情報をチェックする