2018年03月16日

2018年度 野宿貧困企画局(のじこん)紹介

野宿貧困企画局、略してのじこんの局長、岩谷です。
のじこんっていったい何でしょう?野宿者問題、貧困問題を考えることを通して、いま私たちが生きている社会を考え直すことを目的にしています。野宿者とホームレスの違いってなんでしょう?なぜ野宿しなくてはならなくなってしまったのでしょう?今野宿者の方はどのように暮らされているのでしょう?野宿者問題、貧困問題と一概にいうことはできても、その中に含まれている問題は原因も結果もともに多岐にわたります。そして一概に考えるといっても、その問題をまず知らなくてはなりません。そのための知識を学ぶ場としてものじこんは機能します。
具体的な活動には、
① 夜回り
 野宿者の方を支援されている団体が行っている夜回り支援活動に参加させていただいています。実際に野宿者の方に会うことで、自分の中にある無意識の偏見や差別などに気付く人も多いようです。
② ワークショップ
 今年初めての試みです。ロールプレイングゲームのようなもので、実際の野宿者問題や貧困問題を取り扱っています。興味があってもなくても、夜回りは敷居が高いし、学習会は行きづらい…なんて方をお待ちしております。気軽にご参加ください。
③ 学習会
   月1回行っています。実際に夜回りに行った人の感想や野宿者支援をされている方が書かれた本からの抜粋などをもとに、どういうふうなことが原因で、どのようなことが想定されるかといった自分の考えなどを話し合います。
 一見震災とは関係なく見えるかもしれませんが、阪神淡路大震災で再度浮き上がってきた問題でもあります。震災から見えてきた社会問題を取り扱う救援隊にとっては大事な活動のひとつです。のじこんをよろしくお願いします。
 2018年度局長 岩谷 菜々子
posted by 神戸大学学生震災救援隊 at 18:02| Comment(0) | のじこん | 更新情報をチェックする

2017年05月01日

野宿貧困企画局(のじこん)紹介

野宿貧困企画局、略してのじこんです。
のじこんは主に以下の3つのことを目的として活動しています。
①大学生とホームレスの交流により、偏見と差別をなくしていく。
②ホームレスが生まれる日本の社会について考え、問題点を見つけていく。
③学生同士の交流から、貧困問題についての考えを深め、自分たちの人生を模索する。
具体的には、ホームレスの支援団体主催の夜回りに参加させていただいたり、学内でホームレスに関する問題の学習会、ワークショップなどを行っています。
一見震災と関係ないように見える活動ですが、阪神淡路大震災という緊急事態の中でまちに住むホームレスの人々の存在が再認識された過去もあり、社会の中に潜む生きづらさを埋もれさせないことを目的に活動してきた救援隊にとっては大事な活動のひとつです。
のじこんをよろしくお願いいたします♪(2017年度局長 古田真紀子)
posted by 神戸大学学生震災救援隊 at 22:25| Comment(0) | のじこん | 更新情報をチェックする

2006年12月28日

越冬越年の炊き出し・初日

阪神・淡路大震災以来毎年、三宮・東遊園地では毎年、野宿者への炊き出しや相談活動などを行う「冬の家」という催しが行なわれます。主催は「神戸の冬を支える会」です。今年は12月28日から1月5日にかけて行われました。
 初日の28日は、救援隊のメンバーも活動に参加している神戸YWCA夜回り準備会が担当しました。普段、活動に参加しているメンバー以外にも救援隊から何人かが参加しました。
 今年から、夜回りにも参加している救援隊の坪田の炊き出し初参加の感想を以下に紹介します。

冷え切った心身を温める『つながり』
                   神戸大学 坪田卓巳
 年の瀬も近い師走の28日。この日から9日間、神戸市役所南側の東遊園地で行われた野宿者への炊き出しを中心とした支援活動『神戸・越年越冬活動』に参加した。初日の28日は普段活動している神戸YWCA夜回り準備会がビーフカレーとりんごを振舞う日であった。

(旧きゅうえんたい通信電子版より)

posted by 神戸大学学生震災救援隊 at 00:00| Comment(0) | のじこん | 更新情報をチェックする