2019年07月10日

7月7日 真備での写真洗浄活動

こんにちは、文学部一回生の小路谷泰樹です。77日に7人で行った、岡山県倉敷市真備町での活動について報告させていただきます。

今回が僕は初めての派遣ボランティアでした。7時に集合して真備町に出発しました。酔い止めを飲んだのにも関わらず、危ないくらい車酔いしながら、なんとか10時頃に到着。

本日の作業は、あらいぐま岡山さんが行っている、豪雨被害により浸水してしまった写真の洗浄作業でした。お昼にうどんを食べにいったりしながら(美味しかったです)、アルコール洗浄や水洗い、また、干す作業、最後に写真の回収をしたりしました。地道にするしかない作業で、暑さもあって、正直なかなかに辛かったです。真備町の方々は毎回この作業をしているんだと思うと、本当にすごいと思います。写真の枚数数えるのに頭が回らなくなったり、頭がクラクラしたりする時もありました。

その後、昨日出来たばかりの豪雨災害の石碑に黙祷をし、仮設住宅の見学へ。仮設住宅は1つの場所に50軒ほどあり、それぞれの住宅がとても狭く感じました。また、同行していただいたOBの藤室さんが仰っていたように、買い物をするところが周りになく、暮らすには不便な場所にあることもよくわかりました。また、実際に仮設住宅の住民の方にお話を伺うと、もともと知り合いの訳ではないので、つながりを持ちづらいということや、特にこれから住宅をどうするかについて若い方が困っているとのことでした。普段、ニュースなどでは伝わらない問題や、もっと生活的なことが様々あるそうです。このようなことを聞くことができたのはありがたいことだと思います。

そして、夜ご飯を食べて帰宅。派遣ボランティアの1日が終了しました。


最後に、今回の派遣を通して、特に印象に残ったのはその場所の方々の声でした。派遣の意義を学ばせていただいたと思います、大切な経験になりました。

posted by 神戸大学学生震災救援隊 at 17:15| Comment(0) | 救援隊 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください