2019年02月24日

1.17をのんびり過ごす会

 こんにちは、松尾(海事・1)です。2019年1月17日、神戸が震災に襲われてから24年経ったこの日、今年も学生震災救援隊は「1・17をのんびり過ごす会」を開きました。現役救援隊員はもちろん、OB・OGの先輩や震災当時をよく知る方々20人を越える方が会に参加し、鍋を突きながら各々の想いを語り合いました。その後夜も明けようかという5時46分、近くの公園にて震災で亡くなられた方々への黙祷を捧げました。

 この日は学生震災救援隊の誕生や第一回灘チャレンジの開催、神大モダン・ドンチキの成り立ちなど普段自分たちが関わっていながらもあまり深くは考えたことがなかった事柄について聞くことができたのはとてもいい機会でした。Qboxに残された資料をもとに事前学習会をしてある程度知っていたつもりでしたが、当時を知る方から話を聞くとより細かくお話を伺うことができました。

また、当時まだ生まれてもいなかった僕にとって、震災は教科書でしか見ることのない過去のモノのように感じていました。しかし、実際に被害にあわれた方の記憶として触れた震災は、あまりに想像し難く、それでいて生々しく、当時の神戸の混乱具合をありありと感じさせるものでした。特に、震災直後に酒蔵の容器で温泉を作ったエピソードや震災以前に噴火被害に遭った長崎の学生との交流、各避難所での支援物資を纏めていた話など、インターネットでも滅多に知ることができない貴重な話は、震災を起源とするサークルに所属する身として、とても興味深い話でした。

posted by 神戸大学学生震災救援隊 at 13:00| Comment(0) | 救援隊 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください