2018年09月07日

2018年7月豪雨 広島派遣の報告

こんばんは、冨士原(工2)です。先日8/20~8/22に、6名で広島県三原市での災害ボランティア活動に参加してきましたので、その報告をさせていただきます。

今回は20日の午後に自動車で出発し、福山市で一泊。21日の朝に三原市に着き、ボランティアセンターの受付に行きました。
この日は個人宅の片づけをお手伝いすることになり、個人参加の方々とともに現地に向かいました。母屋と納屋がありましたが、どちらも1階部分がまるまる浸水していたそうで、泥やごみをかき出す作業を行いました。9時に受付をしてから14時には撤収という、休憩も含めれば短い作業時間でしたが、暑い中での力仕事はなかなか過酷なものでした。なんとか泥出しはひと段落したものの、家は壁がはがれていたりと大きな被害を受けており、まだまだ作業の手が必要な状態でした。継続的に関わっていけないことには、少し歯がゆさを感じました。活動終了後は、尾道市に移動して一泊しました。

22日は、21日とは別の個人宅の片づけに参加することになりました。こちらは家の中はきれいでしたが、庭や側溝、玄関扉といった周囲が汚れてしまい、清掃や泥出しをしてほしいとのことでした。くもりで作業がしやすく、また人手と道具が多くあったこともあり、予定よりも早く作業を完了しての撤収となりました。その後、ボラセンに戻ってからは避難所になっている小学校への物資の運搬をお手伝いし、温泉に入ってから帰路につきました。

私が今回の活動で印象的に思ったことは、「支援する人を支援する体制」の重要さです。
ボランティアセンターでは、活動先で使うスコップなどはもちろん、飲み物やタオルが用意されていて、活動の後にはしっかり休ませてもらえるようになっていました。指定された温泉に無料で入れるというサービスも利用させてもらいました。もちろん、マッチングを受けてすぐに困っている住民さんのもとへ向かうことができるのも、ボラセンの方々が資材や情報を管理している努力のおかげでしょう。こうした体制に私たちボランティアも支えられているのだと思います。
また、地域による被害の差も印象に残りました。「県」や「市」といった大きなくくりで被災地と呼ぶことは簡単ですが、実際には地区や住宅によって被害の度合いは様々です。あまり被害がなかったところから来られている県内のボランティアもたくさんいらっしゃいました。一方、特に報道がされていない、被害が少ないと思われているような地域の中にも、困っている人はいるはずです。意識せず、被災地に対して偏見を持ってしまっているかもしれないと考えると少し恐ろしい気持ちがしました。
posted by 神戸大学学生震災救援隊 at 21:54| Comment(0) | 救援隊 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください