2018年03月25日

2018年度 ひまわりチーム紹介

こんにちは、2018年度ひまわりチームのリーダーになった冨士原健斗(工学部新二回生)です。この記事では、ひまわりチームの活動の紹介をさせていただきます。

突然ですが、日本の「識字率」はいくらかご存知ですか。日本では、読み書きがふつうにできる人の割合は99.9%といわれています。義務教育で日本語の勉強をしますから、日本では読み書きができるのは当たり前と言えるかもしれません。ですが実際には、戦争のために学校に行けなかった、在日外国人として日本で学ぶ機会がないまま生活しているといったように、日本にも様々な理由から文字の読み書きが不自由な方が暮らしています。

神戸市長田区の公民館には、そういった方々に読み書きを教える『ひまわりの会』という団体があります。私たちひまわりチームはこの「識字教室」に参加し、毎週土曜日の朝10時から12時まで、学生として社会人スタッフの活動をお手伝いしています。
普段の活動では、身近な話題や時期に合ったテーマをとりあげ、学生やスタッフが持ち回りで授業をしています。ひまわりの会は20年も続く団体ですが、一方的に知識を押し付けるのではなく、参加者のみなさんと一緒に勉強することが長らく大切にされてきました。支援をする僕たちを含め、この会にはいろんな背景や興味をもつ人たちが集まっています。だからこそ、たくさんの知らなかったことに気づき、新鮮な気持ちで一緒に学べます。僕自身、それが活動の大きな魅力になっています。

今年の目標は、活動をもっと楽しく、永く続けられるような土台作りをすることです。
チーム自体ができたのは2008年のこと。すでに、チームは会とともに長い時間を歩んできました。そんな中、社会人スタッフの方々はだんだんお年を召されてきています。今後はますます、学生の担う役割が大きくなっていくかもしれません。それはやりがいを感じられることでもありますが、大変なことでもあります。活動を続けるために大切なことを、気負わず楽しくやれるようにすること。難しいかもしれませんが、しっかり意識していきたいです。

ちなみに、今年の取り組みの1つとして、ひまわりチームのブログと、更新告知用のTwitterアカウントを立ち上げています。まだまだお見せできるものは少ないですが、日々の活動のことをこまめに報告していければと思います。見ていただけるとうれしいです!
Twitterはこちら、ブログはこちらです!
posted by 神戸大学学生震災救援隊 at 16:30| Comment(0) | ひまわりチーム | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください