2018年03月05日

第二回連続講演会 報告

こんにちは、奥井(文2)です。

1月24日水曜日、神戸大学ボランティア支援室との共催で第2回連続講演会を行いました!

どうぶつ福祉ネットワークの代表である児玉小枝様をお招きし、動物の殺処分の現状やどうすれば数を減らせるのか、なくせるのか?といったお話をして頂きました。

「殺処分をなくす」というと自分一人の力でなんとか出来るものなのか?と思われるかもしれませんが、飼い始めたら最後まで責任を持って飼い続けること、避妊・去勢手術を行うことなど、いわば"飼い主として当たり前"の行動、心構えを一人一人が持つことが殺処分をなくすための一番の近道なのだと実感させられる講演でした。

上記のようない殺処分を未然に防ぐ活動だけではなく、捨てられた子猫をある程度まで育て、そこから里親に引き取ってもらうミルクボランティアや保護施設から犬・猫を引き取る、といったような画期的な取り組みについても知ることができました。

また、講演の後には写真のようにいくつかのグループに分かれ感想を言い合うディスカッションも行いました。講演を聞くだけではなく自分の考えを発信し、他の人の考えも知ることでより内容を深められるものになったのではないかなと思います。

日本の動物たちが置かれている現状を知った一人一人が、捨てられる命を減らし、捨てられた命を救う一歩を踏み出すきっかけになれば。児玉さんの熱い思いが伝わってくる、素晴らしい講演でした。
posted by 神戸大学学生震災救援隊 at 16:50| Comment(0) | 学習企画局(ファースト) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください