2017年04月12日

3月熊本派遣1日目報告

こんにちは、石飛(新・発達4)です。このたび私達は3月28日、29日の2日間にわたり、熊本に災害派遣に行ってまいりました。私はその1日目、西原村で行った活動の報告をさせていただきます。

朝7時に新門司港に着き、お昼過ぎから西原村にて被災地NGO恊働センターのスタッフの方と合流して、活動場所に向かいました。

活動内容は「西原村 木もく(もくもく)プロジェクト」という現地のボランティア団体さんが使うための、木材や工具類を倉庫に運搬するというものした。木材は長さ数メートルにわたるものから、数十センチメートルのものまで様々で、形も変わったものがありました。

Image_dcda2d0.jpg

それもそのはず、木材や端材は家屋などを解体した時に生まれたものだったそうです。その団体の方からお話を伺ったところ、仮設住宅に移った後に家具がなくて困っている方の為に棚などの家具や、アクセサリーを作ったりするプロジェクトに使用されているそうです。棚だけでも既に100台以上は作られているというのですから驚きです。

私が印象的だったのは、そのプロジェクトは形の限られた木材や端材を並べて、さてどうやって作ろうかと仮設住宅に住んでいる方とボランティアに来た方が一緒に悩んで色々な物を作り上げているのだと仰っていたことです。仮設住宅に住んでいる方のニーズに応えているだけでなく、その場にいる人が楽しみながら参加できる活動を行われていることに感銘を受けました。

Image_c6d943c.jpg

活動時間自体は数時間と短かったのですが、地域の方が行っている活動に関わり、間接的に支援することが出来たように思います。個人的には、これからの活動でも今回の活動で生まれた繋がりを活かして、被災地の復興支援にお力添えできれば良いのではないかと考えています。
posted by 神戸大学学生震災救援隊 at 00:07| Comment(0) | 救援隊 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください