2016年12月14日

11月熊本派遣 1日目活動報告

こんにちは。筒井(発1)です。11月26日、27日に行ってまいりました第3次熊本派遣の報告をさせていただきたいと思います。

25日の夜に神戸を出発し、フェリーで翌日の朝に新門司港に到着。そのまま車で西原村の構造改善センターに向かいました。道中では、先輩方が「ブルーシートの数が前に来た時よりも少なくなっている」とおっしゃっていましたが、私は震災後熊本に派遣で来るのが初めてで、震災からおよそ半年たった今でも、ブルーシートに覆われた屋根や崩れてしまっている家屋がまだまだあるという現実を見てただ言葉を失ってしまいました。

image.jpeg

昼頃に西原村の構造改善センターに到着し、今回活動させていただく仮設住宅に向かいました。今回の活動は、仮設住宅で行われていた食器市のお手伝いでした。
食器市とは、震災後全国から支援物資として送られてきた食器類を広げ、住民さんが気に入られたものを選んで使ってもらう活動です。
私たちはそれに使う食器の運搬などのお手伝いをさせていただきました。たくさんの食器が並べられて、とても活気づいた雰囲気で行われていました。

image (1).jpeg

「食器はあまり高いところに置きたくない。またいつ地震が来るかわからないから。」と何人かの住民さんがおっしゃっていたのがとても自分の中で印象に残っています。地震から半年たった今でも、まだ地震の怖さがずっと残っているような印象を受けました。

また、その日は西南学院大学の方と一緒に活動させていただきました。西南学院大学の方は朝から活動されており、食器市と足湯をされていました。時間をとってお話しすることはできませんでしたが、住民さんと楽しそうにお話ししている姿がとても印象的でした。
西南学院大学さんの公式ホームページ(http://www.seinan-gu.ac.jp/volunteer/v_newslist/5302.html)にも活動報告が上がっています。

image (2).jpeg

今回の派遣で、私が出会ってお話しした方で、「若い人と話すと元気になる」「わざわざありがとうね」とおっしゃって喜んでくださる方がいらっしゃり、それだけでも行ってよかったと思いました。今回の食器市のお手伝いや足湯活動など、支援の在り方は様々だなと感じましたが、今後も何らかの形で関わっていくことができたらいいなと思っています。

以上で一日目の報告を終わります。
posted by 神戸大学学生震災救援隊 at 12:50| Comment(0) | 救援隊 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください