2013年04月07日

さーど(災害復興企画局)紹介

1995年に発災した阪神・淡路大震災の救援活動をきっかけに活動を始めた学生震災救援隊ですが、さーど(災害復興企画局)はその中でも災害や救援活動について学習したり、みんなで考えたりする場として2007年に発足しました。2014年度は大きく分けて防災、支援活動、過去の災害の3つについて取り上げていきたいです。
阪神・淡路大震災の発生から19年が経ち、学生たちのほとんどは発災時の記憶は無いと思います。そのような中で
被災した方や、今でも苦しんでいらっしゃる方々のことを思い、自分に何が出来るのか考え続けるということをさーどを通して救援隊内外でできたらと考えています。

(2014年度災害復興企画局局長 金川 翔太)
posted by 神戸大学学生震災救援隊 at 19:15| Comment(0) | 災害復興企画局(さーど) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: