2018年12月10日

広島県三原市 足湯ボランティア報告

こんにちは、近藤(理2)です。先月11月4日(日)に行った広島県三原市への派遣についてご報告します。参加者は長谷川(シス情M2)、栗木(工3)、岩永(国人2)、岩谷(理2)、近藤(理2)、前田(国人1)です。
今回の派遣では三原市の本郷町で開かれている「食堂と保健室」に足湯ボランティアという形で活動させていただきました。

 三原市は平成30年7月豪雨にて、広範囲で浸水、山間部では土砂崩れなどの被害がありました。今回お世話になった「食堂と保健室」では、地元の方が中心となり「ここに来てみんなで健康になろう」というコンセプトのもとで、ただ食事を提供するだけでなく、血圧測定や鍼灸なども行われています。さらにはちょっとした喫茶や子どもの遊び場もあり誰でも気軽に参加できる温かい雰囲気の満ちた空間でした。

 朝10時から14時ごろまで、15名の方に足湯を利用していただき、大変好評でした。私自身ははじめての足湯ボランティアということで、少し緊張していたのですが、「また来て欲しい」という声を聞くこともあり、充実した活動が出来たように思います。足湯を通して、地域の方とお話をして本当に元気な方が多い印象を受けました。しかし、農業に従事している方が多く、家屋のみならず農業への影響の話を聞いて、改めて被害の大きさを感じました。また人によっての復興の具合や生活の差が大きくなってきているという問題も生じているそうです。

 今回の派遣を行った際も「食堂と保健室」では多くのボランティアの方が来ていらっしゃいました。活動を通して多くの方や新しい考えに出会えて、持ち帰るものが多かったです。また、今月にも「食堂と保健室」にうかがい足湯やお手伝いができたらと考えています。この記事での報告は以上となります。ご覧いただきありがとうございました。
posted by 神戸大学学生震災救援隊 at 11:00| Comment(0) | 救援隊 | 更新情報をチェックする