2097年09月07日

学生震災救援隊とは?

はじめましての方も、そうでない方も
救援隊のブログを訪問していただいてありがとうございます。
2016年度情報発信局局長、石飛拓也です。
ここでは、ブログ説明には収まりきらない救援隊の魅力をご紹介します!

救援隊には2つの本体活動と5つの参加団体があります。

【本体活動】
☆学習企画局(通称:ファースト)
☆災害復興企画局(通称:さーど)

【参加団体】(順不同、五十音順)
☆神大モダン・ドンチキ
☆灘地域活動センター(通称:N.A.C.、ナック)
☆灘チャレンジ
☆のじこん
☆ひまわりチーム

救援隊本体、各参加団体それぞれのすてきな魅力のある活動がこのブログで少しでも伝わればと思います。

※2012年8月以前の記事は旧きゅうえんたい通信電子版にて更新された記事です。当時一緒に掲載されていた写真はなく文章のみの記事となります。伝わりづらい部分もあると思いますが、ご了承ください。
(2013.2.27)

――――――――――――――――――――――
神戸大学学生震災救援隊(こうべだいがく がくせいしんさいきゅうえんたい)
〒657-0011 神戸市灘区鶴甲1-2-1 神戸大学学務部学生支援課気付
電話番号、FAX番号:078-881-4755
E-mail:mail@qqqqlove.info
posted by 神戸大学学生震災救援隊 at 00:00| Comment(0) | 救援隊 | 更新情報をチェックする

2017年04月12日

3月熊本派遣 2日目

お世話になっております。安岡(発・新4)です。このたび我々救援隊は,熊本へ四度目の災害派遣を出しました。今回はその二日目,御船町での活動の報告をさせていただきます。

 この日は,御船町地域支え合いセンターさんコーディネートのもと,滝川仮設住宅集会所にて足湯とお茶会を行いました。昨年11月末と合わせて,二度目の滝川仮設住宅での活動となります。
 集会所を訪れると,壁にかけられた時計や玄関マットが目に入りました。どこででも見受けられるものではありますが,前回ここで活動した時に「滑るので玄関マットがほしい」,「時間が分からないので時計がほしい」というお話を住民さんから聞いていたので,その声が生かされていると思い嬉しくなってしまったのです。
Image_bbb2736.jpg


 足湯の準備を進めるとともに仮設に住んでおられる方に声かけを行ったのですが,平日ということもあって留守の方が多かったようです。皆さん病院へ行かれたり,自分の家を見に行ったりしておられるとのことでした。活動の日取りも考えていかなければいけないなと思います。

 この日は午後から,熊本YMCAさんによるサロンが行われることになっていました。そのサロンでは,理学療法士の方を呼んでの健康体操などが行われているそうです。我々は,サロンが始まってからはそちらのお手伝いをする予定になっていたのですが,サロン担当の方が「せっかくなのでここに住んでいる皆さんに足湯を経験してほしい」とおっしゃってくださったので,何人かの方に足湯をすることができました。

 その中に,僕が以前足湯をした方がおられました。その方は僕のことを覚えていてくださったようで,「この前はありがとうございました」と話しかけてくださいました。また,声かけをした方の中にも「また来てくださったんですね」と言っておられた方がいたそうです。継続して活動する中で「自分たちは忘れられていない」と思ってもらえれば,と思い活動していたので,ここに来てよかったなと思いました。

 また,この仮設住宅には子どもが多く住んでいたので,サッカー,フリスビー,キャッチボールなどをして子どもたちとたくさん遊ぶことができました。子どもたちは普段遊び場所や遊ぶ内容に難儀している様子で,いつもは遊ぶことの無い大学生との遊びを楽しんでいる印象でした。中には前回この仮説を訪れた学生を覚えている子どももおり,久しぶりの再会を喜んでくれていたのではないかと思います。

 最後には,集会所に来てくださった方,YMCAの方,一緒に遊んだ子どもたちと集合写真を撮りました。また,継続して活動できればいいなと思います。

Image_15597f1.jpg


こんにちは。筒井(発・2)です。

熊本派遣2日目、御船町での活動の様子について書かせていただきます。今回は仮設住宅での足湯とお茶会をしました。

平日の日中、ということもあり、仮設にいる人自体は少なかったのですが、お昼前になると子どもたちが遊びに来てくれました。
前回11月に訪れた際に会った子どもたちだったのですが、「前に来てくれた人だ! 」と声をかけてくれ、覚えていてくれたことがとても嬉しく、今後も活動を続けていきたいと強く感じました。
子どもたちは大学生と一緒に仮設の集会所の外で遊んでいたのですが、普段有り余っているパワーを出し切るかのように楽しそうにサッカーやフリスビーで遊んでいたのがとても印象的でした!

集会所では、週に1回健康体操や血圧測定をするサロンが行われているのですが、それがちょうど私たちの活動の日と重なっており、サロンに来た方に足湯をさせていただくということになりました。

私が足湯をした方は、遊びに来た子どもの中の1人のひいおばあちゃんだったのですが、ひ孫さんのことが大好きなようで、ずっとひ孫さんのお話をされていました。近くに同級生がいないらしく、少し心配もあるが、遊んでくれる子がいるから安心できるという話をされていました。

また、サロンを主催している熊本YMCAさんのお話を伺ったのですが、週に1回コープの移動販売があり、そこで買い物して、サロンに寄って帰るという人が多いということです。
サロンに来れば誰かに会えるという安心感や、買い物の環境、立ち寄りやすい条件が整っているなと感じました。
前回来た時は買い物も不便というお話を伺っていたので、良い方向に向かっていて良かったです。
Image_62773e4.jpg

最後にみんなで写真をとったのですが、この壁の絵もYMCAさんの主導で書かれたらしく、少しずつではありますが仮設への支援も進んできていると感じました。

今後、活動していく中で、改善していく点も多々ありますが、継続して活動していきたいと強く思っています。
posted by 神戸大学学生震災救援隊 at 00:14| Comment(0) | 救援隊 | 更新情報をチェックする

3月熊本派遣1日目報告

こんにちは、石飛(新・発達4)です。このたび私達は3月28日、29日の2日間にわたり、熊本に災害派遣に行ってまいりました。私はその1日目、西原村で行った活動の報告をさせていただきます。

朝7時に新門司港に着き、お昼過ぎから西原村にて被災地NGO恊働センターのスタッフの方と合流して、活動場所に向かいました。

活動内容は「西原村 木もく(もくもく)プロジェクト」という現地のボランティア団体さんが使うための、木材や工具類を倉庫に運搬するというものした。木材は長さ数メートルにわたるものから、数十センチメートルのものまで様々で、形も変わったものがありました。

Image_dcda2d0.jpg

それもそのはず、木材や端材は家屋などを解体した時に生まれたものだったそうです。その団体の方からお話を伺ったところ、仮設住宅に移った後に家具がなくて困っている方の為に棚などの家具や、アクセサリーを作ったりするプロジェクトに使用されているそうです。棚だけでも既に100台以上は作られているというのですから驚きです。

私が印象的だったのは、そのプロジェクトは形の限られた木材や端材を並べて、さてどうやって作ろうかと仮設住宅に住んでいる方とボランティアに来た方が一緒に悩んで色々な物を作り上げているのだと仰っていたことです。仮設住宅に住んでいる方のニーズに応えているだけでなく、その場にいる人が楽しみながら参加できる活動を行われていることに感銘を受けました。

Image_c6d943c.jpg

活動時間自体は数時間と短かったのですが、地域の方が行っている活動に関わり、間接的に支援することが出来たように思います。個人的には、これからの活動でも今回の活動で生まれた繋がりを活かして、被災地の復興支援にお力添えできれば良いのではないかと考えています。
posted by 神戸大学学生震災救援隊 at 00:07| Comment(0) | 救援隊 | 更新情報をチェックする