2077年09月07日

学生震災救援隊とは?

学生震災救援隊のブログに目を止めていただきありがとうございます。
2018年度情報発信局局長の冨士原健斗です。

この救援隊は、1995年に発生した阪神淡路大震災の当時、神戸の復興を後押ししていこうと作られた団体です。震災から20年以上が経ったいま、どんな活動が行われているのか。このブログでは、その活動内容をご紹介していきます!

*はじめての方へ*
救援隊では、災害派遣、講演会など様々な活動をしています。これらの活動は大きく分けて、4つの局と4つの参加団体に分かれて行っています。
それぞれのリーダーが書いた紹介文を記事として掲載していますので、まずはこちらをぜひご覧ください!
(申し訳ないのですが、まだ全ての紹介記事の更新が済んでいません。◎マークは2017年度のもの、☆マークが2018年度のものです。順次、新年度体制の記事を投稿していきます!)


☆代表あいさつ

【本体活動】
☆学習企画局(通称:ファースト)
災害復興企画局(通称:さーど)
野宿貧困企画局(通称:のじこん)
☆情報発信局

【参加団体】(順不同、五十音順)
☆神大モダン・ドンチキ
☆灘地域活動センター(通称:N.A.C.、なっく)
◎灘チャレンジ
☆ひまわりチーム

※2012年8月以前の記事は旧きゅうえんたい通信電子版にて更新された記事です。当時一緒に掲載されていた写真はなく文章のみの記事となります。伝わりづらい部分もあると思いますが、ご了承ください。
(2013.2.27)

――――――――――――――――――――――
神戸大学学生震災救援隊(こうべだいがく がくせいしんさいきゅうえんたい)
〒657-0011 神戸市灘区鶴甲1-2-1 神戸大学学務部学生支援課気付
電話番号、FAX番号:078-881-4755
E-mail:新アドレス...qyentai@gmail.com / 旧アドレス...mail@qqqqlove.info
posted by 神戸大学学生震災救援隊 at 00:00| Comment(0) | 救援隊 | 更新情報をチェックする

2019年02月24日

1.17をのんびり過ごす会

 こんにちは、松尾(海事・1)です。2019年1月17日、神戸が震災に襲われてから24年経ったこの日、今年も学生震災救援隊は「1・17をのんびり過ごす会」を開きました。現役救援隊員はもちろん、OB・OGの先輩や震災当時をよく知る方々20人を越える方が会に参加し、鍋を突きながら各々の想いを語り合いました。その後夜も明けようかという5時46分、近くの公園にて震災で亡くなられた方々への黙祷を捧げました。

 この日は学生震災救援隊の誕生や第一回灘チャレンジの開催、神大モダン・ドンチキの成り立ちなど普段自分たちが関わっていながらもあまり深くは考えたことがなかった事柄について聞くことができたのはとてもいい機会でした。Qboxに残された資料をもとに事前学習会をしてある程度知っていたつもりでしたが、当時を知る方から話を聞くとより細かくお話を伺うことができました。

また、当時まだ生まれてもいなかった僕にとって、震災は教科書でしか見ることのない過去のモノのように感じていました。しかし、実際に被害にあわれた方の記憶として触れた震災は、あまりに想像し難く、それでいて生々しく、当時の神戸の混乱具合をありありと感じさせるものでした。特に、震災直後に酒蔵の容器で温泉を作ったエピソードや震災以前に噴火被害に遭った長崎の学生との交流、各避難所での支援物資を纏めていた話など、インターネットでも滅多に知ることができない貴重な話は、震災を起源とするサークルに所属する身として、とても興味深い話でした。

posted by 神戸大学学生震災救援隊 at 13:00| Comment(0) | 救援隊 | 更新情報をチェックする

2018年12月25日

連続講演会第一回感想

先日12月11日、学習企画局が行う連続講演会の、第一回が行われました。今回は「えんぴつの家」の山田武志さんをお招きし、障害者と健常者が共に生きることなどをテーマにお話していただきました。その感想をご覧ください。

こんにちは、佐藤(工1)です。今回の講演会を聞いて僕が一番心に残っていることは「バリアフリーによって障害者と健常者とのつながりが薄れている」と言うことです。まずバリアフリーは誰のため?という問いから入って、僕は問題点は「バリアフリーを提供する側のためになっていることがある」と言うことだと思っていたんですが、山田さんは障害者の方にとってそのことがどういう意味を持つのかを第一に考えられていて自分にとって新しい考え方を知ることが出来ました。誰かのためになるだろうと思って行われていることも裏目に出たりただ単に便利になれば良いという事じゃないんだなと痛感しました。日常で障害者の方と関わることは本当に少なく、その少ない機会をさらに少なくしている一因がバリアフリーという事実はこれからの社会を考える上で非常に重要な事だと思います。バリアフリーを無くしても批判は出るだろうし、障害者の方との関わり方の正解を導くのは難しい事だなと思いますえんぴつの家のように障害者の方とのとても距離が近い関わり方は介護者側も楽しいだろうし、「共に生きる」を実践していて本当に良い関わり方だなと思います。
image_6483441 (2).JPG
posted by 神戸大学学生震災救援隊 at 16:43| Comment(0) | 救援隊 | 更新情報をチェックする